山高トップ>   

卒業生代表挨拶 
   

 厳しい寒さの中にも春の光を感じられるようになったこのよき日、私たち卒業生のためにこのような素晴らしい式を挙行していただき、誠にありがとうございます。また、ご多忙の中本日ご出席いただきました皆様に、卒業生一同心より御礼申し上げます。こうして無事に卒業の日を迎えることができ、喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。
 私は中学校を卒業し、そのままこの山口高校通信制に入学しました。知らない場所に周りは年上の人ばかり、勉強の仕組みまで初めてのもの。何もかもに戸惑い、「ここでやっていけるのだろうか」と不安に思ったことを今でも覚えています。あれから三年間、本当に様々なことがありました。
 特にたくさんの仲間との出会いは、何物にも代えがたいとても大事なものとなりました。レポートやスクーリングを自分で計画し進めなければいけない通信制という環境で、それを分かり合える友人の存在はとても大きな支えでした。秋季特活や鴻ノ峰登山では、支部関係なくたくさんの人と話すことができ、友人の輪が広がりました。みんなで同じ活動をすることで、私も通信制の一員なのだと改めて実感でき、嬉しさも感じました。
 そして、日々のスクーリングは私にとつて一番の思い出です。レポートに頭を悩ませて、時に隣で授業を受けて、テストに励ましあいながら取り組む。そんな時間が何よりも楽しみで大切でした。私たちは年齢も境遇もここに来た理由も異なります。ここに来て、世界には様々な人がいると同時に、考え方や感じ方も様々なのだと気付きました。その中で、ありのままの自分を受け入れてくれる人がいることはどんなに嬉しいことでしょう。顔を合わせて同じ温度で笑い涙することができる友人たちがいることで、私は私でいいのだと気付かせてくれました。一人で頑張りすぎる必要はないのだと教えてくれました。そんな皆がいたからこそ、今日まで通い続けられたのです。
 入学当初の私は、心身ともにボロボロで今のように人前で話すことはおろか、一日学校にいることさえできる状態ではありませんでした。同級生は制服に身を包み毎日学校に通っているというのに、私はまるで成長していなくて劣等感ばかり感じており、「通信制に通っている」なんて、とてもじゃないけれど言えませんでした。しかし、実際に通い始め、友人もできた頃からその思いは変わり始めました。先輩方の勉強に取り組む姿勢、友人と話すときの笑顔、目標に向かつてひたむきに頑張る眼差し。それらを見て、学校に来て勉強している以上、私も「普通の高校生」なのだと気付きました。何も恥ずべきことではないのだと知りました。同じように思った人が在校生に一人でもいてくれたなら、私は嬉しいです。在校生には今しかないこの時間を大切にしてほしいと思います。そして、通信制をネガティブに捉えるのでなく、ここだからこその出会いや経験を大事にしていってください。
 校長先生をはじめ、先生方には大変お世話になりました。私は度々無茶をしようとして、何度も手を煩わせたことと思います。最後まで面倒をみて下さってありがとうございました。生徒一人ひとりに合わせて細やかに指導して下さつたこと。悩んでいる時は本当に親身になって話を聞いて下さり、最後にはそっと背中を押してくださつたこと。その一言に気持ちの温かさにどれだけ励まされ、救われたことでしょう。感謝という一言では表しきれないくらいです。本当にありがとうございました。
 そして、ずっと支え続けてくれた家族。通信制という選択をした私をまるごと受け止めて、肯定してくれました。これまで私のことでたくさん悩ませたことと思います。それでも、誰よりも近くでいつも応援してくれました。「何があっても味方だからね」その言葉にどれだけ救われたか分かりません。普段はなかなか口に出して言えないけれど、ここに立つ今の私は家族の支えなしにはありえません。本当にありがとうございました。
 卒業生の私たちは、これからそれぞれの未来へと進み始めます。「あせらず やすまず あきらめず」の精神とここで過ごした時間は決して忘れません。ここ、山口高校通信制を母校と呼べることを誇りに、前を向いて歩んでいきたいと思います。ここで、私たちを支えてくれた人への感謝の思いをこめて関洋子さんの「出逢い」という詩を送ります。

               「出逢い」

            あなたに出逢えてよかった

            しみじみとそう思う

            あなたに出逢えてよかった

            ありがとう ありがとう

            すべてふりかえる道が

            この道へ続いていたと思える日は

            こころがなんどでもくりかえす

            ありがとう ありがとう

 

 最後になりましたが、本日ご臨席を賜りました皆様のますますのご発展をお祈りして、お礼の言葉といたします。

 

                               平成30年3月1日

                                    卒業生代表

                                          今村 香音