総合案内 > 全日制ホーム > 理数科 > 科学技術体験学習

平成30年度 科学技術体験学習

 平成30年8月23日(木)〜8月24(金)の1泊2日で理数科2年次生が科学技術体験学習を行いました。
 工場見学や大学での実習および講義を受けました。宿舎では反省やまとめの作業等、普段の学校生活では経験できない充実した時間を過ごしました。

研修の概要

1 趣  旨 大学教員との講義を交えた実験・実習を少人数で実施し、最先端の科学技術に触れることにより、高等学校の教科との接続をはかる。また、企業を実際に訪れて学習内容が社会でどのように活用されているかを学び、科学技術に対する幅広い視野を育成する。
2 日  時 平成30年8月23日(木)〜8月24日(金)1泊2日
3 場  所 株式会社 NFデバイステクノロジー(山口市) 
株式会社 安川電機(北九州市)
山口東京理科大学(山陽小野田市)
4 宿泊場所 きらら交流館(山陽小野田市焼野海岸)
5 参加者 山口高等学校理数科2年次生 全員(40名)  引率教員 (2名)


日程の概要


  第1日目

  午前    株式会社 NFデバイステクノロジー(山口市)
         工場見学・実習「電子回路組立」

  午後    株式会社 安川電機 
         みらい館見学、工場見学


  夕食後   見学先のまとめ、大学研修予習など(大研修室)

  第2日目

  午前    山口東京理科大学 講義
         「コンピュータを用いた薬物の設計・なぜ設計にコンピュータが必要か?」   緒方 浩二 教授

  午後    山口東京理科大学 実験

         1班 「色素増感太陽電池をつくってみよう」   星    肇 教授

         2班 「光を調べてみよう-スペクトルの観察」  井口   眞 教授

         3班 「ライデンフロスト現象を見てみよう」   海野 コ幸 講師

         4班 「熱から電気をつくる材料」         阿武 宏明 教授

         5班 「明暗を自在にコントロールできる光〜偏向について〜」
                                       高頭 孝毅 教授
  



事後学習
・大学での研修終了後レポート作成・提出
・A4レポート用紙10枚以内に、学習内容をまとめ、感想を書く。

・科学講義(1)、選択実験(1)、施設実習(1)、工場見学(1)の4項目について、最低1枚ずつ作成する。それぞれ感想を書く。

研修の様子

NFデバイステクノロジ NFデバイステクノロジ 株式会社 NF デバイステクノロジー 集合写真
 NFデバイステクノロジー 講義  NFデバイステクノロジー 実習  NFデバイステクノロジー 実習 
安川電機見学 安川電機見学 安川電機見学
NFデバイステクノロジー  集合写真 安川電機 講義 安川電機 見学
きらら交流館 山口東京理科大学 山口東京理科大学講義
安川電機 見学 きらら交流館 山口東京理科大学 講義
山口東京理科大学 山口東京理科大学 山口東京理科大学
山口東京理科大学 実習 山口東京理科大学 実習 山口東京理科大学 実習